FANDOM



「SLINGFIRE」は、2013年に発売開始された「ZOMBIE STRIKE」シリーズのエアコッキングブラスター。日本未発売。

付属品として6連クリップ、ゾンビエリートダーツ6本が同梱。

詳細 編集

クリップシステムブラスター。ショルダーストックと一体化した水平に近い角度のグリップを持ち、クリップ差し込み口の前方に短い銃身を有する。タクティカルレールは本体上部に1つを装備。本体構造はリーコン系に準拠しており、クリップリリースボタンはクリップ挿入口に設けられている。

最大の特徴は、昔懐かしのウィンチェスター・ライフルを彷彿とさせる「レバーアクション」コッキング。トリガー下のグリップガードは独立可動するコッキングレバー(ループレバー)になっており、上げて戻すことで次弾装填とコッキングが完了する。

レバーはかなり頑丈だが、無茶は禁物。

使い方 編集

  • ①クリップにダーツを詰める
  • ②ループレバーを上げ、クリップを装填
  • ③レバーを戻す
  • ④トリガーを引くと発射。後はレバーを上げ下げしつつトリガーを引く
  • ⑤クリップを抜くときはレバーを上げてから抜く

評価 編集

  • ループレバーを大きく動かさねばならないためどうしても速射能力には欠ける。その分プランジャーのパワーは十分で、射撃性能自体は高い。
    • 手の指をレバーに入れたままグリップを手放し、レバーを跳ね上げるようにする。レバー支点部分を軸にブラスター自体が銃口を下げる方向に回転し、再び跳ね上げて元の状態に戻すことで、片手だけでコッキングできる。レバーをへし折らないように注意。
  • ストックは大人向けの大きさだが、反面ブラスター本体はかなり切り詰められてしまっている。かなり大型のモデルなので両手で支えたいところだが、クリップ挿入口の後ろはレバーの可動域で、前まで手を伸ばすのも少々辛い。結果としてクリップ自体がフォアグリップになりがち。

評価 編集

  • 映画『ターミネーター2』で有名な「スピンローディング」を試みようとする人も多いかもしれないが、重量バランスとブラスターのサイズ故に、至難。そもそも映画でスピンコックをするときは、ループレバーを大型化して本体も軽量化したプロップガンが使われることが殆どである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki