FANDOM



正式名称は「STAR WARS ROGUE ONE SERGEANT JYN ERSO DELUXE BLASTER」。日本名は「 スター・ウォーズ ナーフ ジン・アーソ ブラスター」
2016年公開の映画『ローグ・ワン スター・ウォーズストーリー』とのコラボレーションモデルである。

付属品として6連クリップ、グローダーツ6本、テスト用単3電池4本が同梱されている。電池は本体に装填済。

詳細 編集

◆本体◆ 編集

単3電池4本で稼働する電動クリップシステムブラスター。電池ボックスは銃身下部・灰色のフォアグリップ部分に内蔵(開放にはドライバーが必要)。メイントリガー下部のアクセラレーショントリガー(Aトリガー)を引いている間、モーターに通電する。クリップリリースボタンは本体右側面に設置。クリップ挿入部の突き当りに当たる銃身上部にクリーニングドアが設置されている。

タクティカルレールは本体上部に1つを装備。延長バレル及びストックアダプターも搭載している。

『ローグ・ワン』ナーフに共通して、本機もライト&サウンドギミックグローダーツ蓄光ギミックを装備している。本体上部には緑色のラインライト、銃身上部右側面にはスピーカー、クリップキャッチ内部に白色ライトが内蔵されている。

◆付属品◆ 編集

  • 6連クリップ
    ダーツを蓄光させるため、両面がクリアオレンジで組み立てられている。

使い方 編集

◆基本◆編集

  • ①クリップにダーツを詰める
  • ②クリップを装填。Aトリガーを引いてフライホイールを始動
  • ③Aトリガーを引きっぱなしにしている間、メイントリガーを引くたびにダーツが発射される
  • ④クリップを撃ち尽くしたらクリップリリースボタンを押しながらクリップを引き抜く

フライホイール方式に共通する難点として、モーターが最高回転速度に達しないと本来の威力が発揮できない。Aトリガーを握ってから射撃開始まで1秒ほど待つのが無難。また、過度の連射を続けると摩擦抵抗でホイールの回転速度が落ちるため、ダーツの飛距離を重視するなら適度に(2~3本程度で)連射を中断すること。
Aトリガーを引いてもホイールが回らない時はクリーニングドア(開いていると通電しない)の状態をチェックすること。

◆蓄光ギミック◆編集

蓄光システムはAトリガーと連動している。クリップを装填してAトリガーを引き続ける間、クリップキャッチ内部の白色LEDが点灯し続け、グローダーツを蓄光させる。
構造上、上側のダーツにしか光が当たらないので、あまり早く連射すると後ろのグローダーツは全く光らずに飛んでいく。また、不透明素材のクリップを使うとそれだけで蓄光効率がガタ落ちするため、グローダーツを使うならクリアクリップを使いたい所。

◆ライト&サウンドギミック◆編集

電池さえ装填されていれば、トリガーを引くたびにスピーカーとライトが作動する。トリガーはこのギミックとダーツピストンと連動している。

評価 編集

  • トリガーの色こそオレンジだが、コラボレーションモデルは本国版の時点で子供向けに威力を落とされている。一発一発間隔を置いて撃つ分にはいいが、連射すると途端に飛距離が落ちる。
  • ピストンレバーやフライホイールの精度は良く、弾詰まりが起こりにくい。
  • どことなく実銃を思わせるデザインがカッコいいモデル。内蔵電飾の都合だろうが、クリップリリースボタンが右側だけにしかなく、しかもグリップを握る人差し指が届きづらいのが惜しいところ。
  • 延長バレルアダプターの作りが雑すぎる。固定用凸凹のない他のモデルと比較してもとりわけ精度が甘く、重めのバレルは本体を振るだけで回る。元々銃身が長く、延長バレルをつけると摩擦抵抗を増やし取り回しづらくなるだけなので、アダプターの存在自体を忘れてしまってもよいかもしれない。
  • どちらにせよ電池は必須だが、ダーツを撃たなくても光線銃のおもちゃとして遊べるのはちびっ子&家屋の破損が気になるお母さんにとっては嬉しいところ。サウンドの大きさは人によって印象が異なるだろうが、うるさいならスピーカーにセロテープやビニルテープを貼ってみるとよいだろう。
  • 最大の問題はあまりに高額な定価だろう。店頭での実売価格も7000~8000円ほどで、プレイバリューを考えるといくらなんでも高すぎると言わざるを得ない。版権料が嵩むとはいえ、もう少し安ければちびっ子に持たせやすい大型電動モデルとしての需要も広がるのだが……。

備考・小ネタ 編集

  • 元ネタは、反乱同盟軍の情報将校キャシアン・アンドーが独自に改造して愛用するブラスター・ライフル。N-STRIKEよろしく様々なオプションパーツを取り付けることが可能な多機能銃である。
    • ……実は『ローグ・ワン』本編中でジン・アーソはこのブラスターを使用していない。ジンは電磁警棒に変形できるブラスター・ピストルで活躍したのに、なぜこの商品は彼女名義になっているのだろう?
    • 劇中で登場した狙撃仕様カスタムパーツはCAPTAIN CASSIAN ANDOR DELUXE BLASTERに付属する。
  • 店頭で探す場合、ナーフ売り場ではなく、スター・ウォーズ関連商品の売り場に置かれていることも多い。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki