FANDOM


REFLEX IX-1(リフレックスIX-1)は2013年に発売された、ハンドガットIX-1のエリート改修モデルのブラスターである。

詳細 編集

JOLTに次ぐ小型ブラスターで、大きな箱のようなスライドカバーと中指までしか握れない短いグリップが特徴。コッキングすると、スライドカバー後部の穴からプランジャーが露出する。

グリップ底部にスリングポイントがある。

ハンドガットからの改修点は、スライドカバーの形状変更およびタクティカルレールの位置変更、フレーム成型色の変更(グレー→オレンジ)である。

現行のELITE版ではエリートダーツ3発が付属するが、旧N-STRIKE版ではスポンジが黒くオレンジ色の弾頭がついたソニックダーツが3発付属していた。

使い方 編集

  1. スライドカバーを引いてコッキング
  2. ダーツを先込めする
  3. トリガーを引いて発射

評価 編集

  • コッキング自体決して軽くはないが、分厚いスライドカバーのお陰であまり重く感じない。
  • グリップが非常に短く、中指までしか握れないが、スリングポイントもあって独特のフィット感がある。
  • コンパクトで携行性が高そうだが、意外と分厚い
  • コッキング時に後部から露出するプランジャーは好みが分かれるところ
  • 小型ながら大きなプランジャーチューブを内蔵しているようで、先込め式のロスの少なさも手伝ってかなりパワフルに弾が飛んでいく。

小ネタ 編集

ハンドガンタイプの小型ブラスター全般に使える裏ワザだが、ブラスターをコッキング状態で握ったまま、パンチを繰り出すようにして、拳が一定のスピードに乗った瞬間に発砲することで爆発的に飛距離を伸ばすことができる。目に見えて面白いほど飛んで行くのでダーツの紛失に気をつけながらやってみよう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki