FANDOM



「RAMPAGE(ランページ)」は2013年に日本販売を開始したN-STRIKE ELITEシリーズのブラスター。

詳細 編集

前作「N-STRIKE RAIDER CS-35(レイダーCS-35)」のELITE改修版。本体の外観は配色以外さほど変わっていないが、内部機構が強化された。スラムファイア機能も健在。付属品も見直され、ストックは排除、クリップは25発ドラムクリップに。

レイダーの35発ドラムクリップは装弾数が魅力だが、バネの力が多すぎるダーツに負けて弾詰まりも多発した。 25発クリップは35発に次ぐ装弾数2位。ジャムも起きづらくなっている。

2015年に発売された『スター・ウォーズ』コラボ品「ストームトルーパー ブラスター デラックス」のベースモデルでもある。

機能 編集

ブラスター前方のグリップがコッキングスライドの機能も備えており、グリップを前後にスライドさせることでコッキングを行う。トリガーを引いたままスライドを前後させることでも発射可能で、それを連続で行うことで連射が可能となる「スラムファイア機能」を搭載している。

タクティカルレールは上部に2つ。ストックの装着も可能。

クリップ挿入部は銃身左側に横向きで備えられているため、マガジンも横向きになる。ERITE以降のマガジンは少なくとも片側が透明なものになっているが、透明な側は下向きになる。

持ち手部分の底に空いている穴はストレージになっている。暴発防止で撃った弾を入れたりするのに使うと良い。

使い方 編集

①クリップにダーツを装填する。ドラムクリップの場合普通に詰めるだけではダーツが奥まで入らないため、クリップ背部にあるハンドルを回してバネを圧縮してやろう

②コッキングスライドを「引いた」状態でクリップを挿入。終わったらスライドを押して戻す。コッキング完了

③トリガーを引くことでダーツが発射される。後は繰り返し

④クリップを抜く場合、装填時と同様にスライドを「引いた」状態でクリップリリースボタンを押しながら抜く

評価 編集

ドラムクリップやスラムファイヤのお蔭で連射に目が行きがちだが、実際の所は単射性能に優れている。スライドを動かす距離が長く、スラムファイヤをすると腕が疲れ、狙いもブレブレになること請け合いなので、じっくりと狙い撃つ使い方が向いている。

コッキングスライドをしっかり前後に動かしきらないと確実に給弾不良(ジャム)が発生する。本体も大きく、取り回しやすいとはいえない。扱いには慣れが必要だろう。

また、銃身が長いために弾が詰まった場合は取り出すのに一苦労する。クリーニングホルダーも使いづらい。ダーツが指で取れない場合はなにか細長い棒を突っ込んだり、銃口に口をつけて息を吸うか吹き込むかして気流で動かすことを狙ってみよう。ダーツが惜しくないなら破損覚悟で引き抜くのもアリ。

備考・小ネタ 編集

後発のライノファイアも25発ドラムクリップが付属しているが、あちらとは装飾が異なる。クリップ表のELITEロゴが黒とオレンジで配色されているものがランページ。灰色で構成されているのがライノファイア版。凝っているのはランページ版か。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki