FANDOM



「MODULUS ECS-10(日本名:モジュラス)」は2015年に発売された「N-STRIKE MODULUS」シリーズの電動セミオートブラスター。モジュラスシリーズ第一作でもある。

付属品として10発バナナ型クリップ、延長デュアルレールバレル、ストレージストック、ターゲティングスコープ、ドロップグリップ(サブグリップ)、モジュラスエリートダーツ10本が同梱。

特徴 編集

◆本体◆ 編集

単3電池4本を使用するクリップシステムブラスター。基本はSTRYFE(ストライフ)と同じフライホイール方式のブラスターで、メイントリガー下のアクセラレーショントリガー(Aトリガー)を引くことでモーターに通電する。クリップを取り出す時に押すリリースボタンの配置も、ストライフ同様クリップ挿入口の根元で、片手での排出が行いやすい。電池ボックスは本体中央下部の灰色のカバー内。RAPID STRIKE(ラピッドストライク)と同じく手で支える位置に配されているため、取り回しのしづらさを軽減している。

モジュラスシリーズ最大の特徴として「カスタマイズ性」を大きく向上させている。延長バレル及び延長ストックの接続が可能なのはもちろん、タクティカルレールは上部に2つ、前方下部に1つ、左右に1つずつの計5つを設置。

モーターは静音性が強化されており、これまでのモデルに比べるとかなり静かになっている。また、ダーツを送り出す薬室の入口部分にはダーツを安定させるためのビニールカバーが付けられている。しかしこれらの改良が仇となったのか、ダーツの連射性はイマイチ高くない。

◆付属物紹介◆ 編集

  • 10連バナナ型クリップ
    DEMOLISHER 2-IN-1で採用されていた曲面マガジン。実銃とは違い、曲がった部分にダーツは入らないため、同じ長さの12連クリップよりも装弾数は劣る。
  • 延長デュアルレールバレル
    短い箱型の銃身。RETALIATOR(リタリエイター)付属のバレル同様、上下にタクティカルレールが付いている。本体に追加グリップを装着できない機種と組み合わせると面白いだろう。
    更にこのバレルにも更なる延長バレルアタッチメントが装備されている。ただし、このアタッチメントには「バレル受け」になる窪みが空けられていない。固定用突起のあるバレルを装着すると、突起の分だけ浮き上がってしまう=接続部でバレルが曲がるため、ダーツが詰まる恐れがある。
  • ドロップグリップ
    ごつめの形状で前後に長く、握りやすい。
  • ターゲティングスコープ
    大きすぎず小さすぎない平均的なパーツ。レンズなどはついていないためあくまで飾り。
  • ストレージストック
    RECON(リーコン)ストックの後継機で、予備のクリップを固定することが出来る。リーコンとは異なり下方向に伸ばす形で固定するため、どのクリップも装着可能。
    一方、ストックとしては使いづらい。2本の軟質フレームにプラカバーを装着したような構造だが、フレームは非常に柔らかく、肩に当てるとあまり安定しない。

使い方 編集

  • ①電池ボックスに電池を装填(要ドライバー)
  • ②クリップに装弾、本体に挿入する
  • ③アクセラレーショントリガーを押し続けるとモーターが作動・回転
  • ④Aトリガーを押し続けたままトリガーを引くことでダーツが発射される

フライホイール方式に共通する難点として、モーターが最高回転速度に達しないと本来の威力が発揮できない。Aトリガーを握ってから射撃開始まで1~2秒ほど待つのが無難。また、過度の連射を行うと摩擦抵抗でホイールの回転速度が落ちるため、ダーツの飛距離を重視するなら一度の連射は3~4発程度にするのが吉。
Aトリガーを引いてもホイールが回らない時はクリーニングドア(開いていると通電しない)の状態と、クリップがちゃんと刺さっているかをチェックすること。ダーツが詰まった場合、クリップを抜くか上部にあるクリーニングホルダーを開けて問題の弾の除去を行う。

評価 編集

  • モーターがパワーダウンしているのか、連射時の射撃性能低下が目立つ。
    • 日本版では更に弱体化し、余りに早く連射しすぎると弾詰まり発生率が大幅UP。せっかくデカいブラスターなのだからもっと強力なモーターを積むことは出来なかったのだろうか……。
  • オプションパーツの拝借元としては高い人気を誇る。特に安定したグリップや、適度な大きさのスコープが人気。
    • アメリカ本国では各オプションが(公式で)ばら売りされているが、日本国内ではその予定は無いようだ。
    • 「ストレージストックのへなへな具合は嫌だが、やはりクリップを差し込める物が欲しい!」というユーザーの中には、補強用パーツの3Dプリンタデータを作ってしまった人もいるようだ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki