FANDOM



「LIGHTNING BOW」は、2016年に販売を開始したN-STRIKE MEGAシリーズのブラスター。

付属品としてメガダーツ4本が同梱されている。

詳細 編集

先込め式のボウ・ブラスター。先発品のHEARTBREAKER BOW(ハートブレイカーボウ)と同様に、プランジャーと繋がった弦を引いて離すことで、圧縮空気をダーツに当てて飛ばす方式を採用している。グリップ下部には弦の終端を示すコッキングインジケーターを搭載。

オプションパーツには一切対応していない。グリップ上部(弓のアーム根本)にはピープサイトが開けられている。銃口上部の両側面にはメガダーツをそれぞれ2本挿しこんでおけるストレージホルダーが配されている。なお、梱包状態ではこのホルダーは取り外されているので組み立てる必要がある(引用画像ではホルダーが外れている)。

上側の弦はアーム端に固定されているが、下側の弦は滑車風の飾りを介して本体内のプランジャーに直結している。「コッキングレバーが弦に変わったBIGSHOCK」とも言える。大きさはメガ先発品のTHUNDERBOW(メガサンダーボウ)以下・ハートブレイカーとほぼ同じといったところ。

遊び方 編集

  • ①ダーツを先込めする
  • ②弦を引く。コッキングインジケーターが変色するまで引き切ること
  • ③弦を放すと発射。発射を中止したい時は徐々に弦を戻すとよい

弦中央のオレンジカバーを摘ままないと、最後まで弦を引き切ることが出来ない。上手く飛ばすコツについてはハートブレイカーボウの項目も参照されたし。

評価 編集

  • ハートブレイカーよりは扱いやすくなっているが、やはり、コツを掴むには少しばかり練習をする必要がある。
    • 最悪アーム部分を直接動かせばダーツが飛ぶメガサンダーと異なり、本物の弓のように扱わないといけないため、撃ち合い遊びで使う時には体を鍛えておこう。
  • 弓の宿命として、放した弦が握り手に当たる。腕に当たるのなら長袖やブレーサーをつけて対応できるが、本機は弦とグリップの間隔が短いため、グリップを握る拳に直撃しやすい。

備考・小ネタ 編集

  • ハートブレイカーと同じく、ブラスターの使用制限がないナーフサバゲーに持ち込んで命知らずぶりをアピールするのも一興。メガシリーズ由来の射程距離を生かせば善戦できる……かもしれない。鏑矢ごっこをするのも面白いだろう。
    腕に覚えのある人はナーフ界の源為朝を目指してみてはいかがだろうか?

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki