FANDOM



「DEMOLISHER 2-IN-1」は、2014年に販売を開始した「N-STRIKE ELITE」シリーズの電動ブラスター。手動式ミサイルダーツランチャーを合体させた複合モデルになっている。

付属品として10連バナナクリップ、オプションストック、エリートダーツ10本、ミサイルダーツ2本が同梱。北米大陸ではコストコ、ドイツではロースマン限定で、バナナクリップ1本とエリートダーツ10本が追加同梱された「Value packs」も発売されている。

詳細 編集

◆本体◆編集

単3電池4本で稼働する電動セミオートモデル。電池ボックスは銃中央部・左側面に内蔵(開放にはドライバーが必要)。メイントリガー下部のアクセラレーショントリガー(Aトリガー)を引いている間、モーターに通電する。

クリップ挿入口の上部に弾詰まり発生時用のクリーニングドアが配置されている。クリップリリースボタンはメイントリガー前方、クリップ挿入部の根本に配置。タクティカルレールは銃身上部にロングタイプ1本、銃身右側面にショートタイプ1本を装備。延長バレル・ストックアダプターも装備している。

「2-in-1」は「two blasters in one」の略。その名の通り「大型版STRYFE(ストライフ)の銃身下部にミサイルランチャーを装着した」モデル。ブラスター本体はランチャーを繋げるために銃身部が延長され、外装もグリップ部を除いてストライフより一回り大きくなっている。なお、ランチャーは本体からの取り外し不可。

◆付属品◆編集

  • 10連バナナクリップ
    本機が初出となる変形クリップ。後にMODULUS ECS-10(モジュラス)に再同梱され、米国では単品販売も行われている。
  • スケルトンストック
    ミサイルダーツ1本を懸架できるストレージホルダー機能付き。大きさも成人男性の使用に耐える。

遊び方 編集

◆本体◆編集

  • ①本体に電池を装填(要ドライバー)
  • ②クリップにダーツを詰め、本体に装填
  • ③Aトリガーを引いてフライホイールを始動
  • ④Aトリガーを引きっぱなしにしながらメイントリガーを引くとダーツが発射される

フライホイール方式に共通する難点として、モーターが最高回転速度に達しないと本来の威力が発揮できない。Aトリガーを握ってから射撃開始まで1~2秒ほど待つのが無難。また、過度の連射を行うと摩擦抵抗でホイールの回転速度が落ちるため、ダーツの飛距離を重視するなら一度の連射は3~4発程度にするのが吉。
Aトリガーを引いてもホイールが回らない時はクリーニングドア(開いていると通電しない)の状態をチェックすること。

◆ミサイルランチャー◆編集

  • ①ミサイルダーツを先込め装填する
  • ②ポンプハンドルを伸ばす
  • ③ハンドルを勢いよく縮めるとミサイルダーツが飛ぶ

評価編集

  • フライホイール特有の連射力低下を除けば、本体の射撃性能は飛距離・精度共に申し分ない。
  • ミサイルランチャーはかなり強くハンドルを動かさないとダーツが飛ばない。安定して飛ばすには練習が必要。飛距離を出すなら仰角を大きくする必要がある。
    • ハンドルには簡易ロック機構がないため、前に勢いよく傾けると簡単に伸びてしまう。
  • 本体重量(電池込・クリップ及びストック含まず)はストライフから大幅アップしておよそ1kg。グリップが小さく、ブラスターの先端近くに重心が位置するため、体感以上に重く感じる。ゆるゆるのポンプハンドルも合わせて、取り回しはあまり良いとは言えない。
  • 他のエリートシリーズから浮いたド派手なオレンジ色のため、他のブラスターのパーツを流用するとカラーリングがチグハグになってしまうのが、カスタム派のユーザーにとっては悩ましいところ。

備考・小ネタ編集

  • 米Amazonの輸出用梱包版ではミサイルダーツが箱の奥の梱包材に隠れて見つけづらいことがあるので注意。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki