FANDOM


「CORNERSIGHT」は、2016年に販売を開始したREBELLEのエアコッキングブラスター。

付属品としてレベルエリートダーツ4本が同梱。

詳細 編集

銃身部を左右90°まで曲げられるIARブラスター。本体上部後方のコッキングスライドを引くことでコッキングを行う。タクティカルレールは銃身上部に1つを装備。本体下部後方・グリップ前にはダーツ2本を格納可能なストレージが設けられている。

本体両側面にはバネで本体に張り付く(グリップ側が固定され、先側が銃身に合わせて曲がる)鏡がそれぞれ取りつけられている。これを90°曲げた銃身と組み合わせて、障害物越しの間接照準が出来る面白いギミックを採用している。

使い方 編集

  • ①ダーツを先込め装填する(最大4本)
  • ②コッキングスライドを引く
  • ③トリガーを引くと発射。IARシステムによって1本ずつ発射される

スラムファイア連射も一応可能だが、プランジャーの引きが甘くなるので威力がガタ落ちする。一発づつスライドを引いてしっかり狙う方がオススメ。

評価 編集

  • ユニークな構造に反して、射撃性能はかなり高い。
  • 所詮玩具だから……と言っては身も蓋もないが、間接照準は一筋縄ではいかない。乱戦中に突発的に狙えるものではないため、撃ち合い遊びでは完全に忘れて普通に使った方がいい運よく相手に気付かれていない時の奇襲用と割り切った方がいい。
    • 構造上をやむを得ないのだが、鏡は45°傾いた状態になるため、視界は歪み、反射面積もかなり小さくなる。
    • グリップが地面と水平に近い構造のため、鏡を目線の高さに持ってくるためには手首をかなり前に傾けないといけない。更に握った手と同じ向きに銃身を曲げた場合、拳が鏡を覗く邪魔になる。
  • グリップが地面と垂直に近い方向に取りつけられていたら自然に鏡を覗きやすくなるのだが……。コッキングスライドとダーツストレージの配置が上下逆だったら、鏡を覗きながらの再コッキングが格段に行いやすくなるのだが……。構造がいろいろと惜しい。

備考・小ネタ 編集

  • コーナーショット型ナーフとしては、1994年に発売されたSNEAK SHOT以来の商品となる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki