FANDOM



「CLOSSFIRE BOW(クロスファイアボウ)」は、2014年に販売を開始した「ZOMBIE STRIKE」シリーズのエアコッキングブラスター。

付属品としてゾンビエリートダーツ4本が同梱。日本ではマイクロダーツ30本を追加同梱した「激連射セット」として発売された。

2015年にはカラーバリエーションとして、赤いクリアパーツで組み上げられたソニックファイアバージョンの「BLAZEFIRE」がリリースされている(日本未発売)。こちらは弓部分が取り外されている。

詳細 編集

最大4発を先込め装填するIARブラスター。本体上方後部のコッキングレバー(ゴム弦が通されている所)を引くことでコッキングを行う。タクティカルレールは上方に1本を装備。延長ストック用のオプションアダプターも装備。

弦は発射に全く関係ない「なんちゃってクロスボウ」。肉抜きされたグリップ、大型のハンドガード、複雑なディティールの銃口部分、リング状のフロントサイトが特徴的。梱包状態では弓のアーム部分が外され、ゴム弦でコッキングレバーと繋がっているだけなので、先端から差し込んで組み立てる必要がある。

使い方 編集

  • ①ブラスターを組み立てる。弓の上下を間違えないように注意
  • ②ダーツを先込め装填する
  • ③コッキングレバーを引く
  • ④トリガーを引くと発射
  • ⑤以後、1射ごとに③~④の繰り返し。IARシステム必ず一本ずつ飛んでいく

評価 編集

  • コッキングレバーは引きやすく、射撃性能に目立った不備もない、癖のないブラスター。
  • ゴツさの割に装弾数が少なく、タクティカルレールも1本しかないのが少々寂しいところ。銃口回りのディティールはかなり凝っている。
    • 見た目よりは軽いが、重心は先端に寄っている。オプションストックをつけると安定して構えることが出来る。STOCKADEのストレージストックは先込め式の特性に合致しているのでオススメ。
  • IARシステムの都合上、空気噴出孔から遠ざかる下側の銃口ほど、僅かにパワーダウンする傾向がある。

備考・小ネタ 編集

  • アーム部分は単純な差し込み式なので、うまく引っ張れば外すことが出来る。いっそのことゴムを切断して(戻そうと思ったら結び直せばいい)完全にアームをとり外し、大型ハンドガンとして使うのも面白いかもしれない。
    • それを公式でやってしまったのがBLAZEFIREである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki