FANDOM



「CENTURION(センチュリオン)」は、2013年(日本では2014年)に販売を開始した「N-STRIKE MEGA」シリーズのエアコッキングブラスター。日本での発売名は「メガセンチュリオン」。

付属品として6連メガクリップ、バイポッド(二脚)、メガダーツ6本が同梱。

詳細 編集

◆本体◆ 編集

クリップシステムブラスター。タクティカルレールは胴体部上部、銃身下部の計2本を装備。クリップ挿入部上部にクリーニングドアと、コッキングインジケーターが設置されている。クリップリリースボタンはクリップ挿入部根本、グリップ側に配置。

梱包状態では銃身部が分割され、そしてコッキングスライドとなるボルトレバーも接続されていないため、これらを組み立てる必要がある。

対物ライフルを意識した全長1m10cmにも及ぶナーフ最長モデル。LONGSTRIKE CS-6の大型後継モデルと言えるだろう。特大のプランジャーから生み出されるパワーは凄まじい。

◆付属品◆ 編集

  • 6連メガクリップ
    2016年7月現在、単品売りされていない。
  • バイポッド
    タクティカルレール対応型。前後に折り畳み可能。接続部のバネが甘く、少し捻るだけで外れやすい。

使い方 編集

  • ①銃身とボルトレバーを装着
  • ②クリップにダーツを装填し、ブラスターに差し込む
  • ③ボルトレバーを前後させる
  • ④トリガーを引くと発射

スラムファイア機能は搭載されていない。ボルトレバーは従来のナーフとは比べ物にならないほど長い距離を動かさなければいけない。途中で止めて戻したりすると壊れる恐れがあるので、しっかりと最後まで操作しよう。

評価 編集

  • ナーフトップクラスの飛距離を誇る。デカさゆえの取り回しの悪さを許容できるのなら、撃ち合い遊びに持ち込むのも悪くない。
  • 形状から腹ばい撃ちで構えたくなるが、ブラスターのサイズに対してバイポッドの長さが微妙に足りず、仰角をつけることが出来ない。もう少し長ければ自然に構えられるのだが。

備考・小ネタ 編集

  • 銃身部とボルトレバーは本体に装着すると2度と外せない。また、クリップは銃身部を装着していないと差し込むことが出来ない。簡単な改造で解決できるが、自己責任であることを忘れずに。
    • 銃身部下部に突きだしているリング状の突起がポイント。リングに本体側のロックパーツが引っ掛かり、リング下部の突起がクリップの挿入防止パーツを押し込んで装填可能な状態にする。リング下部のクリップ挿入突起を残して、リングをニッパーとやすりで「コ」の字型に切り開けてしまえば、クリップ挿入機能だけを残して本体への固定機能を潰せる。ただし、装着後に引き抜くにはかなりの力がいるので注意。
    • マガジン挿入部から内部を見ると、銃口側から小さなオレンジ色の突起が飛び出しているのが見える。これが挿入防止パーツ。ニッパーで切り取るか、腕に覚えがあるなら分解して取り出してしまえば短銃身状態で運用できる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki