FANDOM


BARREL BREAK IX-2は、2010年に発売されたN-STRIKE シリーズのブラスター。

付属品としてアモレイル、ダーツ10発が付属。


詳細 編集

中折式の水平二連銃身ソードオフショットガンを模したデザインとギミックが特徴。 NERFの中では珍しい後装式のブラスターである。 後部にコッキングインジケータがあり、2つのバレルそれぞれの状態を個別に確認可能。

トイザらス限定販売品。

通常版はソニックダーツが付属していたが、エリート仕様にリカラーされたバージョンにはエリートダーツが付属している。

◆本体◆ 編集

上部にタクティカルレイルを1基備えており対応するオプションを装備できる。 ストック、バレルの装着は不可。

◆付属品◆ 編集

タクティカルレイルに取り付けて8発のダーツを保持できるようにするアモレイルが付属。 (ION FIREに付属したホルダーの8発版と言ったほうが伝わる?) 本体の装弾数は2発であるが、これと合わせ計10発のダーツを携行できる(なので付属ダーツ数もきちんと10発)。

使い方 編集

コッキング方法は本体左側面にイラストで示されている。 //写真を用意したいところ

  1. トリガーの上にあるオレンジ色のリリースレバーを押し下げる
  2. バレルのロックが解除されるので手で引き伸ばす
  3. バレルを下に折り曲げる(銃身パーツと本体パーツの▲のマーク同士が合うところを目安に)
  4. ダーツをバレルに差し込み装填する
  5. バレルを水平に戻し、本体の奥まで差し込み装填&コッキング完了
  6. トリガーを引くことでダーツが発射される
その際、半分くらい引いた時点で前から見て右の発射口から発射され、全て引き切ると左の発射口から発射される
一気に引き切ると2発(ほぼ)同時に発射される

評価 編集

初めに欠点を挙げてしまうと、

  • 2発撃つごとにリロードが必要
  • そのリロードにもかなり時間が掛かる
  • しかもコッキング(銃身を折り曲げる工程)がかなり重い
  • 威力もELITE以降のものと比べると少し心もとない
  • 照星は大きいがダーツ自体が左右から発射されるため狙って当てにくい

…などなど、フィールドでの実用にはあまり向いてなさそうである(撃ち合いしたことないので完全な想像)。

しかし「水平二連銃身」「中折式」「ソードオフ」「ショットガン」というロマン溢れるモチーフはこれらの欠点を補って余りあるほど魅力的。 中折を活かしたコッキング、後ろからの装填、2発同時発射といったこだわりのギミックがそれに拍車をかける。 モチーフ選択の独特さやギミックの凝りようなど、ZOMBIE STRIKEシリーズが好きな人は気に入ること間違い無しだろう(と勝手に思っている)。

単発・2発の撃ち分けなど、機構や見た目の面ではROUGH CUTにも多くが受け継がれている。 あちらはこのブラスターを元により実用性を高めたバージョンと言えるかもしれない。

備考・小ネタ 編集

注意点として、絶対に装弾した状態でバレルを折り曲げようとしてはいけない。 装弾状態のダーツは本体部から頭が少し飛び出す位置で、本体側に保持されているため、バレルを折り曲げるとダーツが途中から折り曲げられることになるからだ。 このブラスターは装弾=コッキングのため、装弾状態で置いておくのはプランジャーのバネにとっても良くない。 遊び終わったら必ずダーツを抜いておくようにしよう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki