FANDOM



「ALPHAHORK(アルファホーク)」は、2016(国内2017)年に販売を開始したACCUSTRIKEシリーズのエアコッキングブラスター。同シリーズの初号機である。

付属品としてアキュストライクダーツ8本が同梱。

詳細 編集

最大5本を装填できるリボルバー型ブラスター。ボルトアクションを採用しており、グリップ上部・本体両側面のボルトレバーを前後することでコッキングを行う。本体左側面にシリンダーのロック解除ボタンがあり、ここを押しながらシリンダーを左に倒すことでスイングアウトできる。

タクティカルレールは銃身上部にロングタイプを1本、銃口下部にショートタイプを1本装備。梱包状態ではボルトレバーが取り外されているため、組み立てる必要がある。

かつてリリースされたSPECTRE REV-5(ボーンリボルブ)の外装変更品と言っていいモデル。アキュストライクシリーズ特有の開放型バレルやラバーグリップ、新しいシリンダー回転システムなど、扱いやすさを重視している。タクティカルレールもスコープやバイポッドを無理なくつけられる位置に装備している。

遊び方 編集

  • ①シリンダーをスイングアウトさせ、ダーツを装填
  • ②シリンダーを本体に戻す
  • ③ボルトレバーを前後してコッキング
  • ④トリガーを引くと発射。トリガーを戻すとシリンダーが右回転し、次弾を発射位置に持ってくる
  • ⑤以後、1射ごとに③~④の繰り返し

評価 編集

  • 流石アキュストライクシリーズというべきか、安定した射撃性能を誇る。
    • どのダーツでも安定した弾道で飛ばせる(もちろん痛んだ物は除外)。3m以内ならピンヘッド……とはいかないものの、ほぼ同じ着弾点になる。
    • ストックは大人でもしっかり構えられる。見た目に反して軽量で、ボルトレバーの動きも軽い。
  • 日本販売版はグレートリガー仕様。グレー版STRONGARM(ストロングアーム)とほぼ同等~僅かに短い程度の飛距離を確保している。
  • 装弾数の少なさやダーツ装填の煩雑さから、本格的なナーフサバゲーに持ち込むのは辛い。

備考・小ネタ 編集

  • 日本販売版は初期不良の発生率がかなり高い。トリガーを離してもシリンダーが回らなかったり、30発程連射すると動作がおかしくなるケースが多い。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki