FANDOM


概要 編集

海外では3Dプリンターを用いたNERFのカスタム部品を作ることが盛んに行われているようだ。

本ページは日本でもこのような活動が行われたらいいな、という気持ちで作成する。

(実際に作った人の追記修正を強く望む。)

参考になるサイト 編集

DMM.make[1] 編集

海外フォーラムによく投稿されているSTLデータでの入稿を受け付けている最も大きそうな3dプリントサービス

Thingiverse 編集

アドレスhttps://www.thingiverse.com/tag:nerf

例えば、モジュラス付属のストックの補強材(外観がかっこいいい[2]、部材が少なく安く作れそう[3])等のデータが公開されている。

yeggi 編集

アドレス http://www.yeggi.com/q/nerf/

上記のThingsを含めた3dプリント用データ公開フォーラムを横断的に検索可能なサイト

Audodesk 123D Design 編集

アドレス http://www.123dapp.com/design

STLデータを編集可能なフリーソフトのCAD

(だんだんわかってきた。そのうち簡単な紹介を行う予定。)

ケーススタディ 編集

とりあえず、部材が少なく安く作れそう[4]をDMMで見積もりに出したら3000円位だった。

体積が関係するため、安く仕上げるには、

1.肉抜きなどを行うとよい。

例:単なる立方体→箱にするなど。

2.複数部品がある場合、一つのファイルにするとよい

なぜか値段が下がる、(こともある。すべてのケースで有効かはわかりません)

例えば、ある部品を見積もりに出すと600円前後だが、そのパーツを4つ分同時に出すと1500円程度、など。

注意すべきこと:

3Dデータを使ってそのオブジェクトを売ることができるサービスが展開されていますが、フォーラムから落としたデータそのまま売り物にするのは著作権の問題があるので注意

今後の課題 編集

少しづつ情報を増やす予定。

やったことある人の追記修正歓迎

ToDo

・なんか簡単なものを作ってみる。

・その経緯を書きたい。

・そろそろ一つ目が完成しそう。

課題

・DMM.makeで素材:ナイロンは安いんだけど接着性が悪いのでどうしたものか。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki