FANDOM


  • Koisochan

    今更ながらにロングレンジアップグレードキットを手に入れました。米Amazonのパーツバラ売りでバレルだけは持っていたんだけど、やっぱりスコープが欲しくなって、でもバレルは既に持ってるし…バイポッド微妙くさいし…とか悩んでたらバラ売りの日本発送が終わった。これは少し早めのクリスマスプレゼントとして友人から貰ったもの。

    モジュラスシリーズということでトライストライク に全部装備させたのがこちら。

    黄緑色の差し色がない現行ロットでした。

    バレルは既に持っていたのでまあこんなもんかという感じ。差し色がないぶん流用しやすいかも。中途半端な長さだよなあと思う。分割式でもいいからもう少し長くできなかったものか…。フロントサイトはいらないので外す予定。

    バイポッドは予想通り微妙。短くて使いづらいし、手前にしか倒せないので手に当たる(脚はハの字になっているのでブラスター本体には干渉しづらい)。あとロックが甘くてすぐ倒れる。

    スコープ。これのために入手したと言っても過言ではない。当然倍率なんてないわけだが筒の前後に十字のレティクルが入っているので簡易的なサイトになる(かもしれない)。思ったより大きくて満足感がある。ストライフ +ロングストライク バレルに装着したものはこちら。

    レールの位置的に対眼側がかなり顔に近くなる。ストライフ本体の長さもあってバイポッドは折りたたんでも手に当たらない。あまり関係ないがストックはリタリエイターのもので、SlyDev の3Dプリントパーツを使ってレールを取り付け、ステルスOPSキットのフォールディンググリップをモノポッド兼グリップとして装着しているのがこだわりポイント。SlyDevは商品が減ったけど価格も送料も安いのでオススメですよ。



    ちなみに長物だけでなくピストル型ブ ……



    全文を読む >
  • Koisochan

    エリートダーツ、メガダーツ、ミサイルダーツを撃ち分けられ、それぞれが分離合体できる新作ブラスター、先月末に国内版が発売されたのでヤマダ電機に行って買ってきた。多くのナーフファンはAmazon等ネットショッピングで購入しているだろうが(僕もそうだった)ヤマダ電機はナーフが安いですよ。そして品揃えもいい。トイザらスで7,018円、Amazonで5,336円、ヤマダ電機では5,140円(いずれも税込み)。まあ行き来の電車賃を含めるとAmazonとトントンくらいなんだが、他の用事のついでなので無視していいだろう。トイザらスはクーポン券やら、2点以上買うと10パーオフなどやっているが個人的な行動半径に入ってないので関係ない。ザらス限定商品を狙っているのなら別だが…。

    陳列棚の前に立つと同じく10月末新発売商品のハイパーファイアが2つ並んでいた。実はハイパーファイアとトライストライクでかなり迷っていた。トライストライクが見えなかったので一瞬ハイパーファイア買っちゃおうかな、と思ったけどハイパーファイアの箱の影にトライストライク発見。即購入しホクホク顔で家に帰る。

    ここまでが前置き。結果的にハイパーファイアでなくトライストライクを買って良かったです。というのも僕はナーフをガチャガチャ組み替えて遊ぶのが大好きなので、いろんなブラスター(と言っても色的に合うのはリーコンMk2くらいしかないが)とバレルを組み替えたり先に手に入れていたモジュラスのライトやレーザーをつけたりしてニコニコしてました。


    画像にあるのが組み替えて見つけたお気に入りの結果。

    上:個人的にはセンチュリオン以来のボルトアクション。なので6連クリップ、バイポッド、ロングバレルをつけてスナイパーライフルっぽく。

    中:リーコンMk2ベー ……


    全文を読む >
  • Doublebooking

    ボンカレーローダーの話がtwitterで出ていたので、詳しい作り方を上げておきます。

    (後で気が付きましたが、青の洞窟やカリーや咖喱屋カレーのほうが作りやすいです。)

    材料:(ふたつ分)

     1.ボンカレーの箱(青の洞窟・咖喱屋カレーなどのレトルト食品の箱でも可。箱にあまりミシン目のないもの

     2.セロテープ

     3.のりなど(あれば) 1.箱を切り開く

    ・指示部をカッターで切断する。まっすぐ切らないと結構出来上がりが悲しい。

    ・カッターで切る部分はこの手順では二箇所、対角線上

    2.2つに分ける。

    ・2つに切り分ける。

    ・この時、ミシン目でかろうじてつながっているベロベロも破棄


    3.展開図を書く

    ・これを

    ・こうです。

    ・それぞれの幅は、細いところが13mm

    ・太いところが75mm

    ・黒くマーカーで塗られているところは糊代。

    ・てきとうでよい

    4.切り取る。養生する。組む。

    ・切る

    ・カッターがあると便利

    ・一番長い辺をセロテープで養生する。

    ・(ここがマガジンとの接触部となり一番負荷がかかる)

    ・養生しておくと長持ち

    ・後は折らないといけないところを折る。

    ・のりしろのあるところを適当にセロテープで止める。

    全文を読む >
  • Doublebooking

    中華clip追記

    2016年8月7日 by Doublebooking

    基本的にお勧めできない。

    • 買ったものの基本情報
      • 値段400円前後
      • クリップ保持用の穴の位置がおかしい
      • 実はクリップの周りについているヘリもおかしい(←new)

    商品はAliexpressで"Toy Gun Soft Bullet Clips For Nerf Gun Toy 12 Bullets Ammo Cartridge Dart Magazine Nerf Gun Clips Compatible NERF N-STRIKE ELITE"

    • 修正方法
      • そもそも買わない。(600円くらいのは規格を満たしてそうなのが多い)
      • 頑張って修正する(楽しいよ、おすすめ)
        • (1)元の穴を生かす方法
        • (2)新しく穴をあける方法

    (1)元の穴を生かす方法 1.クリップ保持用の穴のある面のクリップの周りにあるヘリ?の部分をヤスリで削る。 2.穴を上側に2mm以上拡張する。このとき現場合わせしながら頑張る。 大体1個10分くらい。

    (2)新しく穴をあける方法 *こちらは後で気が付いた。 実はこのクリップ、純正の比較すると形は一緒なんだけど、 穴の開いている場所、弾を入れる方向の指示が前後逆。 なので、穴の開いてない面に正しい位置に穴をあければ使えるはず。 http://modworks.blogspot.jp/2012/08/nerf-n-strike-elite-clip-mod-guide.html こんな感じで。


    最終的には(1)の方向でtristrike、recon mk2(今朝購入)で問題なく動くものを作れた。

    4本で1時間くらい(最初の一本に20分程度かかった。) 

    全文を読む >
  • Koisochan

    2ちゃんの方で話題になっていた厚紙で作るクリップ用ローダーを作ってみた。

    →http://britnerf.co.uk/about905.html

    ボンカレーの空き箱がないのでいらない2リングファイルの表紙を使った。おそらく少し分厚いのだろうが問題なく使用できる。


    1. ダーツをセットする
    2. 弾頭の向きが合うようにクリップに挿入する
    3. 一気にローダーをクリップに押しこむ
    4. 一番上のダーツを抑えつつローダーを引き抜く
    5. 装弾完了




    と簡単にローディングできる。絶妙な寸法と厚紙の厚さでかなりスムーズにいける。ローダーにダーツをセットするのも、前面からダーツを放り込むだけで良いのがいい。難を言えば、ローダー自体の作成、上の部分を折り込むのだがホチキス留できるほど大きくないし糊も厚紙自体の弾性で外れやすいので洗濯バサミを使った。それ以外は最高。

    まだ一個しか作ってないけど、複数作ればダーツケースにもなるし、クリップ式ブラスターでストレス無く遊べるだろう。長さを変えて種類を増やせばドラムマガジンなんかにも使えるかもしれない。

    2ちゃんではプラ製のものを欲しがる人がいたけど個人的にはコレでもいいかな。

    全文を読む >
  • Doublebooking

    弾50発✕2と12発クリップX4を購入してみた。

    弾は50発で2ドルくらい合計4ドル

    クリップは一つ3.73X4と送料1ドルで16ドルくらい。

    弾は50発まだ届いていない。。。。。



    弾頭が中空になっておらず、弾頭が重い。そのため空気抵抗を受けづらいので、弾道が安定する。

    ただし、弾頭が重いのでバネ式のブラスターだと弾速が落ちる。おおよそ70%くらいになると思う。気持ち。

    速度が落ちると、空気抵抗も減るので、かなり安定した軌道を描くようになる。面白い。

    多分ナーフの日とかにこれ使ったら反則


    クリップを止めるための穴の位置が違って、そのままではクリップを固定できなかった。

    この状態で射撃を行うと一発も打てないうちにジャムる。

    対策→穴の位置を修正する。

    幸いなことに純正品のフリップクリップを買っていたので、そちらを参考に、

    クリップ固定用の穴を上がわに2~3mm拡張した。

    この状態だとしっかりクリップが固定されジャムが起きない。

    ただし、クリップ固定の遊びが狭すぎるので、ヤスリでもう少し削るか考え中。


    最後にボンカレーが美味しい。

    全文を読む >
  • Doublebooking

    取りあえず一息

    2016年7月24日 by Doublebooking

    画像は全部入れ終わった。

    とりあえずこれを最後に静観コース。

    全文を読む >
  • Doublebooking

    下にあるメニューバーから管理作業でいろいろ見れる。

    例えば、ここ一週間のwikiアクセスは約5000だとか。。ちょっと面白い。


    より細かくページの状態について確認できるので、ここをメインに仕事をしていこうと思う。

    まずは画像のないページ、カテゴリのないページなどを減らしていく予定。

    リンク切れなども対応する。。


    今日のにっき

    尚さんのtwitterで3dプリント部品が出てるところがすごくすごくすごく。

    ブラスター接続器とかも興味あります。。

    3dプリントサービスは樹脂の体積で値段が決まるので、大きな部品は高いんだけど、

    肉抜きとかがたくさんあって安いといいなぁ。。

    新しく出たモジュラスのフラッシュライトはやくやすくなあれ。

    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki